インフィニティパートナーズ 三上裕之税理士事務所 - ご挨拶

teladress

ご挨拶

クライアント満足を第一に、高品質な会計・税務サービスを提供致します。

毎年改正が行われる税法を正確に理解し、キャッチアップすることは、目まぐるしく変化する経済環境下でビジネスを行う法・個人にとって機会損失をしないため、また、最適な税務ポジションをお取り頂くために必要不可欠であると言えます。

近年ではM&A・グループ再編等を通じた企業の成長ドライブが顕著に見受けられる一方、 永年に渡って醸成してきた企業という器を、いかに次世代にバトンタッチしていくかという事業承継問題も顕在化してきております。
税制もこれらの企業活動に合わせて年々複雑化しているのが実情です。

当事務所はこれらのクライアントニーズを的確に把握し、クライアント満足の最大化を図るべく、日々の努力を怠らず、謙虚に業務に邁進して参ることをお約束致します。

代表パートナー 三上 裕之

代表者略歴

subtitle icon2

代表者

三上 裕之

立教大学経済学部卒業

会計学ゼミに所属(ゼミ長)

㈱富士銀行(現みずほ銀行)入行

中堅・中小企業・第三セクターの融資渉外業務を担当

高野総合会計事務所
(税理士法人高野総合会計事務所)入所

主に大企業子会社、中堅・中小企業の申告業務及び資産税業務(株価評価業務、相続税・贈与税・所得税申告業務)を担当

とりわけ資産税業務については、中央三井信託銀行(当時)と連携し、相続税申告以外に事業承継・相続対策の一環としての株価評価(財産評価通達ベース)・資産評価、土地の交換、相続時精算課税の活用による資産移転等のコンサルティング業務に従事

税理士法人トーマツ
(現デロイトトーマツ税理士法人)入所

主に上場会社及びその子会社並びに外資系企業についての法人税申告業務(連結納税を含む)に従事。通常の申告業務以外上場企業のグループ再編(組織再編)、M&Aに係るコンサルティング業務、税務処理業務、連結納税業務にも多数従事

個人事務所を経て

インフィニティ・パートナーズを組成
大手証券会社・プライベートエクイティファンド等を通じた事業承継案件・M&A案件・組織再編案件等に多数従事